Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 国会質問

2014年11月7日(金)

実態は「利益供与」

市田氏 環境相「賀詞交歓」で指摘


写真

(写真)質問する市田忠義議員=6日、参院環境委

 市田忠義議員は、参院環境委員会で、望月義夫環境相の政治資金収支報告書への虚偽記載問題を追及しました。望月氏は「事実と異なった記載をした」というものの、無責任な言い訳に終始、市田氏は「幕引きなどありえない」と厳しく批判しました。

 望月氏をめぐる最大の問題は、「望月義夫後援会」の2008年と09年の収支報告書に、「賀詞交歓会大会費」として、約660万円の支出が記載されているのに、対応する収入の記載がないこと。

 市田氏は、両年とも望月氏が現職の国会議員だったうえ、09年の交歓会は、同年8月の総選挙の直前だったことを指摘。「これは明らかに公職選挙法違反の利益供与(供応接待)にあたる」とただしました。また、賀詞交歓会の看板には、「望月よしお後援会賀詞交歓会」とあったとして、「後援会は関係ないという言い訳は通用しない。公選法違反を隠すために、収支報告書の支出の内容が間違っていたことにしようと考えたのではないか」とのべました。

 市田氏は、望月氏が自民党静岡県連会長だった10〜11年に、同県連が、女性が接客するクラブやラウンジでの飲み代に約66万円を政治資金で支出していたことが発覚した際、望月氏が「情報収集など政治活動において必要と思われる行動を取り、規正法に照らして適切に対処、報告していると思える」とコメントしていることを紹介。「こういう認識だから、ばれるとまずいので賀詞交歓会にしておこうとしたのではないか」とのべました。

 同県連が政党交付金を10年に1900万円、11年に1200万円受け取っていることにもふれ、「政党助成金はキッパリ禁止すべきだ」と強調しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。