Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2013年11月8日(金)

専門家総動員し解決を

市田書記局長 汚染水対策で迫る

参院環境委


写真

(写真)質問する市田忠義議員=5日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義書記局長は5日の参院環境委員会で、福島第1原発事故の放射能汚染水問題を取り上げ、「放射能で海を汚さない」を原則に、専門家を総動員して問題解決にあたるべきだと提起しました。

 市田氏は、高濃度汚染水の放射性物質を除去する多核種除去装置(ALPS)が本格稼働には程遠い状況や、地下水をバイパスで海に放出する計画に地元漁業者らが反対していることをあげ、「地下水バイパスやALPS頼みの応急的な対策が汚染水流出事故の要因となっているのではないか」と指摘しました。

 市田氏は「放射能を海で汚さない」という立場に立ってあらゆる手だてを講じ封じ込めること、中長期的な汚染水貯蔵、処理対策こそ必要だと強調。「地下水・地質の専門家である産業技術総合研究所をはじめとする研究機関を総動員すべきだ」と提起しました。石原伸晃環境相は、「非常事態と認識しているので、英知をしぼって、傾聴に値する意見があれば参考にして、問題の解決に当たることが急務だと考える」と答えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。