Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2013年6月23日(日)

復興でも許されない

石綿飛散基準超え 市田議員強調

参院環境委


写真

(写真)質問する市田忠義議員=13日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は13日の参院環境委員会で、東日本大震災の被災地でのずさんなアスベスト対策の根本的な是正を求めました。

 環境省のモニタリング調査では、被災地の解体やがれき処理現場など8県1224地点のうち7地点で国の基準を超えるアスベストが検出されています。

 環境省の小林正明水・大気環境局長は「周辺の環境への影響はなかった」と述べました。これに対し市田氏は、仙台市内では基準の36倍ものアスベストの飛散が18日間も続いた事例を示し、「復旧・復興工事であってもアスベスト対策に手抜きは許されず、住民の命と健康を守る立場に立つべきだ」と強調しました。

 市田氏は、自治体からの検査逃れを防止するために、立ち入り検査マニュアルの整備や抜き打ちによる複数回検査を主張しました。小林局長は「マニュアルを整備したい」と答弁。石原伸晃環境相は「マニュアルに(抜き打ち検査など)記入することが重要」とのべました。

 市田氏は検査対象が拡大されることに関し「拡大しても、自治体に人的財政的に保障するものがない。国の支援策を」と要求。小林局長は「地方の支援策を考えている」と述べました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。