Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2013年6月1日(土)

実効性ある削減に

市田氏、代替フロン問題追及

参院環境委


写真

(写真)質問する市田忠義議員=30日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義書記局長は30日の参院環境委員会で、代替フロンガス削減のため、産業界任せにせず国がルールを定めて削減するよう求めました。

 温室効果が非常に高い代替フロン(HFC)は現在、業務用冷凍庫などの冷媒に使われています。HFCの排出量は、2020年には現在の約2倍になると見込まれ、日本の温室効果ガス排出量の約4%に相当します。

 市田氏は「フロン製造業界に、その場しのぎでHFCに転換することを許し、その後も規制しなかったことが重大な事態を招いた」と指摘。削減目標とスケジュールを政府が決め実効性ある対策を求めると、石原伸晃環境相は「物事を積み上げて結果的に削減をしたい」とのべました。

 市田氏は、EUでは事業者に段階的削減を求め、市場に出すことを禁じた製品を具体的に示していることを紹介。「日本の技術力からすれば、EUのように必要な目標を示し、努力するのが本来のあり方だ」とただしました。

 石原氏は「(企業)性悪説にたって規制する考えと、規制と施策を併せて削減するか、目指す方向は違わない」と答弁。市田氏は「産業界の可能な範囲での(自主的)取り組みに任せていては、進まない」と指摘しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。