Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2012年6月20日(水)

原子炉の半永久的稼働に道

原子力規制委法案 市田氏が批判

独立した規制機関設置を


 日本共産党の市田忠義書記局長は19日の参院環境委員会で、民自公3党提出の原子力規制委員会設置法案について、政府案にあった40年廃炉の原則を「速やかに見直しを検討する」と骨抜きにしており、「(原子炉の)半永久的稼働を容認することにつながる」と批判しました。 (論戦ハイライト)


写真

(写真)質問する市田忠義議員=19日、参院環境委

 京都議定書目標達成計画で原発の「いっそうの活用を図る」と宣言する環境省のもとに規制委員会を設置するのでは、「真の独立性」は担保されないと迫りました。

 細野豪志環境相は、環境省が原発推進の一翼を担ってきた実態を認めたものの、原子炉の運転年数の制限には電力業界から「かなり厳しい批判があった」「大変な設備投資をしている」と述べ、電力会社の利益を擁護しました。

 市田氏は、原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長が三菱重工などから数百万円単位の寄付を受けていたことなど、原子力規制機関と業界との根深い癒着を指摘。利益相反情報の報告・公表制度を導入し、「原発利益共同体」の悪弊を持ち込ませない独立機関にすべきだと主張しました。

 細野環境相は、完全に業界と線引きすることは困難であり、「詳しい専門的人材を入れていかなければいけない」と発言。“専門性”を盾に業界関係者の委員就任を容認する考えも示しました。

 市田氏は、「『原発ゼロ』の決断と一体に、原発推進機関から完全に分離・独立し、原発の廃炉をすすめると同時に、原発の規制、管理、事故、使用済み核燃料などを規制する強力な権限をもった原子力規制機関とすべきだ」と主張しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。