Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2012年6月20日(水)

産廃除去特措法を可決

市田議員 国は実態把握せよ

参院環境委


 特定産業廃棄物除去特措法の一部改正案が18日、参院環境委員会で全会一致で可決されました。都道府県が実施する不法投棄処理を国が財政支援するもので、来年3月の期限を10年間延長します。

 質疑で日本共産党の市田忠義議員は、10年にわたり莫大(ばくだい)な国費を投入しながら処理が進まない原因と問題点を明確にし、今後の取り組みに生かすべきだと強調しました。

 香川県豊島(てしま)では、国費111億円を投じたものの処理量の推計が当初よりも大幅に増加し、汚染土壌の処理方法に水洗浄を追加したにもかかわらず受け入れ施設周辺の住民の反対で中止に追い込まれたことに言及。「国が実態を把握せず、処理方法変更などに対する適切な助言・指導を怠ってきたことに原因がある」と指摘しました。細野豪志環境相は「適正に行われているかチェックするのが国の役割」とのべ、「しっかり処理できるように取り組んでいきたい」と答えました。

 市田氏は、発がん性物質が大量に流出した三重県桑名市の現地浄化処理の事例をあげ、限られた予算で期限内に完了させる工法を国が事実上押し付けている実態があると指摘。「十分な予算を確保し、汚染実態の把握と必要な対策をとるよう国が責任を果たすべきだ」と求めました。細野環境相は「確実に処理できる予算を確保し、責任をもってやっていく」と答えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。