Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2012年6月15日(金)

再稼働は最悪の判断

市田議員 原発撤退 決断迫る


写真

(写真)質問する市田忠義書記局長=14日、参院環境委

 日本共産党の市田忠義議員は14日の参院環境委員会で、関西電力大飯原子力発電所3、4号機を再稼働するという野田佳彦首相の判断について、新たな「安全神話」に固執し、電力不足を口実にした国民への脅しで再稼働を迫るものだと批判しました。

 市田氏は、原発事故が、空間的にも時間的にも「異質の危険」をもつものだと指摘。再稼働判断は、「『国民の暮らしを守る』どころか、国民の命と安全を危険にさらす最悪の判断だ」と批判しました。細野豪志環境相は、原発事故の「異質の危険」を認めながらも、東京電力福島原発事故と「同じ事象がおこっても安全だと判断したものだ」と繰り返しました。

 市田氏は、免震施設の建設や放射能除去フィルターの設置など、政府が「暫定の対策」として指示した30項目さえ実施せず、福島原発事故の原因究明さえ終わっていないのに、「どうして安全といえるのか。『安全神話』の復活にほかならない」と追及。細野氏は、「何が起こるか分からないので、高い基準を設けようとしている努力はわかってほしい」としか答えられませんでした。

 市田氏は、「自ら指示した対策さえ取られないままで『事故が起きない』という前提で再稼働を進めることは言語道断だ」と批判。「安全軽視」の姿勢は、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)の拡散予測情報の提供を求める滋賀県の要請に応じていないことにもあらわれていると告発し、速やかな情報提供を求めました。

 その上で、原発からの撤退を政治決断し、原発をゼロにする期限を決めたプログラムをつくることこそ必要だと主張しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。