Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2010年10月22日(金)「しんぶん赤旗」

COP10

政府・経済界に責任

市田書記局長 多様性保全を要求


写真

(写真)質問する市田忠義議員=21日、衆院環境委

 日本共産党の市田忠義書記局長は21日の参院環境委員会で、現在開かれている生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の成功のため、日本政府と経済界が責任を果たすよう求めました。

 COP10では、動植物や微生物から取り出される「遺伝資源」からできる「派生物」を利益配分の対象にするかどうかが焦点となっています。原産国の途上国は「派生物」も対象とするよう主張しています。

 市田氏は、日本経団連が3月に出した「基本的な考え方」で「イノベーション(技術革新)が阻害され、経済発展に重大な影響を及ぼしかねない」とけん制し、派生物まで対象を拡大するべきでないと主張していることを指摘。「(COP10の議長として)この主張に対してどう考えているのか」とただしました。

 松本龍環境相は「経団連にも取り組んでいただきたい。企業には社会的責任がある」と述べました。

 市田氏は、「資源利用国が提供国に適正に利益を配分する法的拘束力のある議定書の採択が、世界の生物資源と生物多様性の保全に資するし、企業のまともな発展にとってもプラスにもなる」と強調しました。

 市田氏は、米国が生物資源での企業活動に制約されることを嫌い条約に加盟していないことを指摘。ある新聞社説でも「大国にふさわしい責任を果たすことを強く求める」としていることを挙げて、議長国として加盟を呼びかけることを求めました。

 松本環境相は「アメリカもこの条約に加わってもらいたい」と述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。