Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2009年11月25日(水)「しんぶん赤旗」

温暖化対策

公的削減協定を中核に

市田氏質問 英国の例示し迫る


 日本共産党の市田忠義書記局長は24日の参院環境委員会の質問で、鳩山政権が打ち出した2020年までの温室効果ガス25%削減目標をいかに達成するのかに関連して、イギリスに進出した日産、トヨタ、ホンダなどの日本企業が、排出削減目標を達成したら減税措置を受ける気候変動協定を締結している事実を明らかにしました。

 さらに、日本経団連の常務理事ら、経済・産業界の幹部らも参加する経済産業省の「地球温暖化対応のための経済的手法研究会」でも昨年7月、13年以降の対策について、「公的な枠組み(協定等の法的措置等)ヘの移行の可能性についても検討する必要がある」との中間報告を発表したことを指摘。「日本経団連などは25%削減に激しく抵抗しているが、欧州では日本企業も削減協定に参加し、経済界の一部は公的削減協定の法的措置まで提言している」とのべると、環境省もその事実を認めました。

 市田氏が「公的削減協定を中核に位置づけ、それを補完する制度として、国内排出量取引制度、環境税などを実施すべきだ」と迫ると、小沢鋭仁環境相は「経済界とよくコミュニケーションをとってやっていきたい。具体的にどういう協定ということではないけれど、そういう話はしている」と答えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。