Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 国会質問

2006年3月23日(木)「しんぶん赤旗」

フェロシルト撤去早く

産廃再利用の禁止求める

市田議員


写真

(写真)質問する市田議員= 22日、参院環境委

 有害物質を含む産業廃棄物をリサイクル製品として認めたため、汚染被害が拡大している―。日本共産党の市田忠義議員は二十二日の参院環境委員会で、三重県がリサイクル製品に認定した発がん性の有害物質を含む「フェロシルト」の早急な撤去と有害物質を含む廃棄物の資源化を原則禁止するよう主張しました。

 フェロシルトは石原産業(本社・大阪)が酸化チタンを製造する際に発生する廃硫酸を再利用した「製品」として出荷され、埋め戻し用土木資材に使われています。ところが、フェロシルトが埋設されている土壌から環境基準を超える発がん性物質の六価クロムが検出され、愛知県瀬戸市北丘町ではフェロシルトによる国の特別天然記念物オオサンショウウオの死滅が心配されています。

 フェロシルトを産廃処理すれば一トンあたり八千円―一万円かかりますが、「製品」として出荷すれば一トンあたり百五十円で販売できます。

 市田氏は、石原産業がフェロシルトの数十億円の産廃処理費用を浮かせていたとして、リサイクル製品としてお墨付きを与えた三重県の認定制度に問題があるとただしました。また環境省として各県に認定制度の総点検を促すべきだと求めました。

 小池百合子環境相は国の対応に問題がないとしながら、フェロシルトの撤去について「関係自治体に指導と助言を進めていきたい」と答弁。「リサイクルの名を借りて自治体の審査を欺く事例は遺憾であり、リサイクル製品の性状などについて慎重な審査が行われるべきだ」とのべました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。