Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2017年1月22日(日)

北九州市議選 10氏必ず

市田副委員長応援 「命・くらし守る」


写真

(写真)拍手に手をあげてこたえる(左から)やない、藤沢、市田、大石、出口各氏=21日、北九州市

 日本共産党の市田忠義副委員長は21日、大激戦の北九州市議選の応援で市内4カ所で訴え、「市民の命とくらしを守り、野党共闘を進める党候補10人全員当選を何としても勝ち取らせてほしい」と力を込めました。

 高橋都=門司区(定数6)=、大石正信、出口しげのぶ=以上、小倉北区(同11)=、藤沢かよ、やない誠=以上、小倉南区(同12)=、藤元さとみ=八幡東区(同4)=、石田康高、田中光明=以上、八幡西区(同15)=の各候補と街頭に立った市田氏。「今年最初の政令市議選で今後の政治の動向と野党共闘の前進に大きな影響を与える選挙」と切り出し、「日本共産党の躍進で安倍暴走政治を支える自民、公明、維新の“悪政推進3兄弟”に厳しい審判を下し、野党共闘を一段高く発展させよう」と訴えました。

 市議選の争点で市田氏は、▽介護保険料値上げなど市民いじめの市政に「福祉の心」を取り戻す▽税金の無駄遣いをやめさせる▽市民と野党の共闘を進め、本気で政治を変える―の党市議団が果たすかけがえのない三つの役割を強調。市議団の多くの実績とともに、市の予算を無駄な大型開発から福祉優先に切り替えれば実現可能な、中学卒業までの医療費無料化拡大など公約を紹介し、「命とくらしを守る力を大きくしてほしい」と訴えました。

 市田氏と各候補の訴えに、熱烈な声援と拍手が飛び交いました。

 田村貴昭、まじま省三両衆院議員、仁比聡平参院議員も市内各地で訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。