Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年10月31日(月)

共産党と未来ひらこう

市田副委員長招きトーク集会

名古屋


写真

(写真)市田氏の講演を聞く参加者ら=30日、名古屋市熱田区

 日本共産党を丸ごと知ってもらい、力を合わせて政治を変えようと「働くみなさんとトーク集会」が30日、名古屋市内に市田忠義副委員長・参院議員を招き行われました。主催は党愛知県委員会。118人の参加者には党綱領が書かれたパンフ『JCPマニフェスト』が配られました。

 講演に立った市田氏は参議院選挙で市民と野党との共闘により、自民党の予想を大きく超える議席が得られたとし、本気で共闘すれば勝てることを新潟知事選でも証明したと強調。首相を先頭にした反共攻撃が行われたのは危機感の表れと指摘し、「追い込んだ方が大した成果でないと思っていたら罰が当たる」と励ましました。

 香川で民進党が共産党の候補を推すために共産党の綱領が納得に役立った、とパンフを開きながら説明しました。

 先日の衆院補選での野党共闘を阻む動きがあったことにもふれました。市民から怒りの声が上がっていることを紹介し「大義を掲げることで支持が得られる。世論を盛り上げることが大事で、この流れは後戻りできない」と力説しました。

 戦後かつてない変動期の日本で民主的変革のために労働者が果たす重要な役割を解明。職場の共産党が大きくなることに未来がかかっていると話し「羅針盤を持ち、苦労が喜びに変わる人生を」と入党を呼びかけました。愛知県は有権者に対する党員比が低いことを示し、「未開拓の分野が大きい」とも話して激励しました。

 新入党員やベテランの党員が、入党の動機や活動しての思いを発言し、共感の拍手が湧きました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。