Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年6月19日(日)

18歳「政策全部共感」

北海道 市田・いわぶち・森氏


写真

(写真)演説する市田副委員長(右から2人目)と、いわぶち(左から2人目)、森(右端)両予定候 補ら=18日、北海道旭川市

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員(比例予定候補)は18日、道北の中心地・旭川市で、いわぶち友参院比例予定候補、森つねと北海道選挙区予定候補とともに街頭に立ち、「野党の共闘と日本共産党の躍進で政治の夜明けを北海道から切り開こう」と訴えました。旭川駅近くの歩行者天国には、戦争法の廃止を目指す市民や若者グループも駆け付け、大きな人垣ができました。

 市田氏は、安倍首相が、全国に広がった野党共闘を「野合」だと述べていることに対し、「私たちは安保法制廃止、立憲主義を取り戻すという大義のもとに結束しています。野合どころか、これこそ国民にとって希望の道です」と強調。4野党が豊かな「共通政策」を発展させてきたこと、日本共産党が、経済に民主主義を確立する「三つのチェンジ」を訴えていることを紹介すると「いいぞ」の声援が飛びました。

 市田氏が「参院選は天下分け目のたたかい。安倍政治を許さない道民の声を、日本共産党と森予定候補への一票で示してください」と力を込めると聴衆は大きな拍手で応えました。

 参院選が初めての選挙となる女性(18)は「戦争することを当たり前にしたくありません。共産党の政策は全部共感できます。投票率アップへ私も行動していきたい」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。