Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年5月11日(水)

共産党躍進を近畿から

決起集会 熱気 決意

市田副委員長訴え


 参院選勝利をめざして、日本共産党後援会近畿ブロック連絡会は9日、近畿決起集会を大阪市中央公会堂で開きました。市田忠義副委員長・参院議員(比例候補)が講演し、笑いあり共感の拍手・かけ声ありの中、参加者は「全国は一つ・近畿は一つ」で奮闘する決意を固め合いました。

写真

(写真)近畿決起集会で講演する市田氏=9日、大阪市

 市田氏は冒頭、近畿の果たすべき役割を語りました。衆院11ブロックのうち近畿は、得票でも党と後援会の勢力でも全国トップクラス。参院選の得票目標は187万票で、全国の約20%です。市田氏は「近畿の頑張りが全国的前進・後退に直結するといって過言でない」と指摘しました。

 市田氏は、歴史の本流と逆流が正面からぶつかり合うかつてない新しい歴史的局面のもとでの、参院選をめぐるかつてない激動的情勢を解明。そのうえで、党と後援会の活動の現状は、わくわくする情勢にふさわしい到達点になっていない、と率直に指摘。「やるべきことをやれば大きな変化が起こせる。ここに確信をもってやるべきことをやりぬこう」とよびかけました。

 復帰歓迎の温かい拍手に迎えられた大門みきし参院議員・比例候補は「野党共闘前進とともに日本共産党が伸びてこそ、消費税、原発、TPP(環太平洋連携協定)など政策的一致点を広げることができる」と語りました。

 近畿の衆院議員4人を代表して宮本岳志衆院議員が「子どもの未来を真っ黒に塗りつぶす戦争法は廃案に」と訴えました。

 選挙区の大河原としたか(京都)、金田峰生(兵庫)、わたなべ結(大阪)、いずみ信丈(奈良)、比例で活動することになった佐藤耕平(滋賀)、坂口多美子(和歌山)の各候補が決意表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。