Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年2月29日(月)

参院選で党躍進を

各地で演説会

高知市 市田、春名、みかじり氏


写真

(写真)参加者の声援に応える(右から)春名、市田、みかじりの各氏=28日、高知市

 日本共産党の市田忠義副委員長を迎えた演説会が28日、高知市で開かれました。ロビーで聞く人も出た満席の会場は子育て世代が目立ち、託児室は従来の倍の利用がありました。

 応援演説に立ったのは、戦争法に反対する「ママの会@高知」の島崎里美さん(35)。娘が生後3カ月のころに立ち上がったとし、「子どもたちに残さなければならないのは平和な未来です。平和の大切さを理解しない議員、つまり安倍政権はいりません」と訴えると、拍手が湧きました。

 市田氏は、5野党党首が戦争法廃止や選挙協力で合意したことを報告し、この合意を実らせた力を「何よりも世論と運動の力、道理の力だ」と力説。その上で、国民の共同、野党の共同を大切にして共同の力で政治を変える党の値打ちを示し、「国民連合政府という責任ある政権構想を提唱した党として、躍進することは国民への責任だ。『自由は土佐の山間より出(い)づ』と言われた高知から日本の夜明けを」と述べました。

 春名なおあき参院比例候補は「胸躍る情勢だ」として野党合意後の街頭宣伝は雰囲気が一変して声援がかかると紹介し、「野党共闘と党の大躍進で安倍政権に審判を下そう」と呼びかけ。みかじり亮子参院徳島・高知選挙区候補は「戦争法廃止の議席を必ずこの選挙区から送り出そう」と訴えました。

 6歳の長男、妻と来た宮崎努さん(44)は「息子が軍服を着て戦地に行ってほしくない。安倍政権を倒すために野党共闘を呼びかけた共産党に伸びてほしい」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。