Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年2月22日(月)

戦争法廃止へ共同広げ

大阪・泉佐野 市田氏迎え演説会

わたなべ候補決意


写真

(写真)聴衆の声援にこたえる(右から)市田、わたなべの両氏=20日、大阪府泉佐野市

 戦争法廃止、立憲主義の回復へ、参院選勝利をめざし、日本共産党阪南地区委員会は20日、大阪府泉佐野市内に市田忠義副委員長・参院議員を迎えて演説会を開きました。

 憲法カフェを開催し草の根で戦争法廃止の運動をしている小川多雅之、由紀子さん夫婦や、元放送局ディレクターの水野喬さんが駆けつけ、戦争法廃止などを訴えました。

 市田氏は冒頭、共産、民主、維新、社民、生活の野党5党の党首が戦争法廃止法案を19日に国会に提出するとともに、戦争法廃止、安倍政権打倒に向け、国会や国政選挙での協力の合意をしたことに言及。「戦争法廃止、野党は共闘」という多くの国民の声とともに、戦争法廃止の「国民連合政府」の日本共産党の提唱がこの合意に大きく貢献したと指摘し、「党として誠実かつ真剣に協議に臨み、できるだけ早く選挙協力の合意ができるよう全力をあげる」と強調しました。

 戦争法、くらし、社会保障、政治とカネの問題などを解明。「安倍政権のあからさまな暴走に確かな足場をもって対決し、対案を示してたたかう党、国民との共同、野党との共同を大切にし、その力で政治を変える党、安倍政権に代わる責任ある政権構想・『国民連合政府』を提唱する党―日本共産党を躍進させてください」と訴えました。

 わたなべ結参院大阪選挙区候補は、戦争法廃止に向けた決意を表明。「なんとしても大阪選挙区で連続して議席を勝ち取るため全力で頑張ります」と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。