Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2016年2月7日(日)

軍事は憎しみ広げる

市田氏応援 椎葉・あさか氏訴え

相模原


写真

(写真)会場いっぱいの参加者から拍手を受ける(檀上右から)椎葉、市田、あさか、の各氏=6日、相模原市南区

 日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は6日、相模原市南区での演説会で、椎葉かずゆき参院比例予定候補、あさか由香参院神奈川選挙区予定候補とともに訴え、「参院選で勝利し、自民、公明と補完勢力を少数派に転落させ、退場の審判を下そう」と力を込めました。

 神奈川選挙区は、改選1増の4議席を現職3(自民党2、民主党1)、新人2(共産党、公明党)が争う構図です。自民は1月、公認候補と、元みんなの党の現職の推薦を決定。危機感を強めた公明は、県内各地で街頭宣伝やポスター張りをいっせいに始めました。

 市田氏は、戦争法が成立し、内戦状態で少年兵を殺すことになりかねない南スーダンPKO(国連平和維持活動)や、多くの民間人犠牲者を出している過激組織ISに対する軍事作戦への自衛隊の参加が法的に可能になったと述べ「日本が軍事作戦に加担すれば、(世界に対し)日本が憎しみの贈り物をすることになってしまう」と強調。

 加えて、自衛隊と米軍の中枢的な基地が置かれている神奈川県では、住民がさらに危険にさらされると指摘し、「戦時中も戦争反対の旗を掲げ続けた党として、憲法を守り、戦争法を廃止するため、総力を挙げて頑張る決意です」と訴えました。

 椎葉、あさか、の両候補は、どちらも2児を育てる親として、戦争法廃止に向けた決意を表明。椎葉候補は「日本の新しい時代を切り開くため頑張ります」と述べ、あさか候補は「野党が協力する道を切り開くため、全力を尽くす」と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。