Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2015年11月30日(月)

各地で共産党演説会 国会議員走る

盛岡市で 市田氏ら


写真

(写真)聴衆の拍手に応える(左から)いわぶち、市田、吉田の各氏=29日、盛岡市

 日本共産党岩手県委員会は29日、盛岡市内で市田忠義副委員長・参院議員を迎え、戦争法廃止の国民連合政府実現と参院選勝利をめざす演説会を開きました。

 いわぶち友参院比例候補、吉田恭子参院選挙区候補が勝利への決意を述べました。

 市田氏は、フランスでの同時テロを糾弾した上で、戦争法によって起こっている現実的危険性として、▽過激組織ISへの空爆支援が法律の枠組みとしては可能となり日本がテロに巻き込まれる可能性▽南スーダンでの駆けつけ警護により自衛隊員が殺し殺される可能性―があることを指摘。共産党が提唱した戦争法廃止の国民連合政府に各界から多くの期待が寄せられ、世論調査でも安倍政権の支持率より高い数字が出ていることも示し「国民の世論と運動から生まれた提唱を、さらに世論と運動を強めて実らせよう」と呼びかけました。

 来年夏の参院選について、対決軸は「独裁か民主主義か」にあると強調。国民連合政府を提唱した共産党の躍進は戦争法廃止の大きな力だとして、必ず勝利しようと訴えました。

 達増拓也県知事から国民連合政府は「国民の民意を形にしようとするもの」、戸羽太陸前高田市長から「非常に感銘を受けた」というメッセージが寄せられました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。