Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2015年11月14日(土)

文化省問題を考える

国会議員・文化団体がシンポ

市田氏が発言


写真

(写真)シンポジウム「文化省創設への道筋」で発言する市田忠義副委員長(右)=12日、東京都港区

 超党派の国会議員でつくる文化芸術振興議員連盟と、文化・芸術関係16団体が集まる文化芸術推進フォーラムは12日、シンポジウム「文化省創設への道筋」を東京都内で開催。幅広い文化関係者と各党国会議員が出席しました。

 野村萬・文化芸術推進フォーラム議長があいさつし、文化省創設や文化芸術政策の充実をと訴えました。

 シンポジウムは各党議員がパネリストとなり、日本共産党からは市田忠義参院議員・文化芸術振興議員連盟副会長が参加しました。

 市田氏は、あいつぐ閉鎖・改修で劇場・ホールが激減する「2016年問題」などをあげ、短期と中長期両面の施策が必要だと指摘。文化予算が削減され続けていると述べ、「文化省創設の願いの大本には文化行政の貧困さがあります。文化省という形式やかたちも大事だが、問題は中身。文化担当大臣くらいは置くべきでしょう」と提案しました。文化省の実現には「国民の理解と支持が得られる中身にすることも大事です」と語り、自由な創造活動を保障する「金は出すが口は出さない」の原則を強調しました。

 懇親会では音楽、演劇、映画、バレエなどの団体の方々から「私たちの思いを代弁してくれた」と共感の声が寄せられました。シンポジウムには田村智子参院議員、大平喜信、畑野君枝両衆院議員も参加しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。