Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2015年11月12日(木)

福島県議選

大激戦 党6議席必ず

いわき 市田副委員長訴え


写真

(写真)聴衆に訴える市田副委員長(左)と宮川候補=11日、いわき市

写真

(写真)吉田候補(右)と市田氏=11日、いわき市

 大激戦の福島県議選(15日投票)で日本共産党の5から6議席への前進をめざし、市田忠義副委員長・参院議員が11日、急きょ、いわき市に入り同区(定数10)で宮川えみ子、吉田えいさく両候補勝利を勝ち取ろうと訴えました。

 市田氏は、戦争法、原発再稼働、TPP(環太平洋連携協定)、沖縄米軍基地、消費税増税と暴走を重ねる安倍政権は、個人の上に国家を置く、憲法の上に自分を置く、民主主義を破壊する独裁政治だと指摘。岩手、宮城県議選に続き、福島県議選勝利で政権退陣を求める声を発信しようと呼びかけました。

 市田氏は、共産党と自民党、公明党の対決構図が鮮明だと指摘。共産党6議席獲得で、戦争法廃止の国民連合政府実現へ前進させ、今も原子力災害に苦しむ福島から原発ゼロの声を発信し、県議会で学校給食無料化に反対するなど冷たい自公に審判を下そうと力説。「横一線の大接戦。宮川、吉田候補勝利は最後までの奮闘にかかっている」と訴えました。

 県議選をめぐる情勢は、共産党が岩手県議選(9月6日投票)で2議席から3議席、宮城県議選(10月25日投票)で4議席から8議席と躍進するなか、各党が共産党を意識。自民党は、安倍暴走政治への批判を恐れ国政問題は争点でないと強調し、団体・組織を締めつけ。県議会定数58に対し現有28から、今回33候補を擁立し単独過半数を狙います。

 公明党は異常な反共攻撃を行っています。高木美智代衆院議員が「(反自民の)受け皿として共産党が伸びている」とした上で「暴力主義の共産主義革命をやろうとしている」などとデマ演説。まじめな政策論争ができない姿を示しています。

 共産党は、今まで接点のなかった幅広い層が戦争法廃止の国民連合政府提案で党に注目している状況のなかで、広く有権者に働きかけ、6議席を必ず獲得しようと奮闘しています。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。