Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2015年8月27日(木)

歴史の歯車ともに前へ

名古屋・党語るつどい 市田氏が講演

自治体労働者共産党後援会


 自治体労働者日本共産党後援会は24日、市田忠義副委員長を招いて、「日本共産党を語るつどい」を名古屋市で開催しました。会場は立ち見がでるほどの参加者の熱気に包まれ、市田氏の講演に真剣に耳を傾けました。

 市田氏は、国会論戦を通じて、戦争法案が憲法9条に違反しているとともに、アメリカの先制攻撃の戦争に加担させられる危険な本質が浮き彫りになっていることを指摘。廃案を求める運動がかつてない規模と質をもって広がっていると強調しました。そのうえで「社会は矛盾が鋭くなっても、国民が主人公となる政治を求める勢力が大きくならなければ変わらない。歴史の歯車を一歩でも二歩でも前にすすめる人生をともに歩みましょう」と入党を呼びかけました。

  発言した若い女性保育士は「若い人たちは、信念をもってとりくむ共産党員の姿を見ている」と話し、尊敬する先輩に誘われて入党したと語りました。

  開会あいさつした猿橋均会長は、日本共産党は国会、地方議会の論戦で自治体労働者の声を反映する活躍を続けていると強調。国政、地方政治での党の前進が情勢を切り開く大きな原動力になっていると語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9115
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。