Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2014年12月8日(月)

北陸信越 今度こそ

新潟 市田副委員長・藤野比例候補


写真

(写真)雪と寒さのなか、真剣に聞き入った聴衆の熱い声援にこたえる(左から)にしざわ、はっとり、市田、藤野、ごいの、の各氏=7日、新潟県長岡市

 市田忠義副委員長は7日、大雪の新潟県に入り、新潟市、長岡市で藤野やすふみ北陸信越ブロック比例候補、小選挙区候補とともに立ち、「全国を回っていて、『安倍暴走政治を止めてほしい』『今度ばかりは共産党だ』の思いがビンビン伝わってくる。歴史を変える頑張りで、支持の輪を広げに広げて、渦巻く国民の声を届ける北陸信越の議席を、石にかじりついても今度こそ必ず」と訴えました。

 12月としては異例の積雪。底冷えする歩道で聞き入る聴衆。市田氏が日本政治の「五つの転換」を紹介するたびに、指笛、声援、拍手がとびます。

 「『自共対決』の政治構図は鮮明。共産党の躍進こそ、自民議席を減らす近道、安倍政権への大きな打撃だ。参院選躍進に次ぐ大躍進へ頑張り抜き、日本の夜明けは新潟からの結果を」と結ぶと、聴衆から「さあ、電話かけ」の声も上がりました。

 藤野候補は、北陸から新潟入り。「原発が一番集中する北陸信越で共産党議席を勝ちとることが、安倍政権の原発再稼働路線への一番の反撃になる」と、気迫を込めて訴えました。

 新潟市で、まちだ明広(1区)、いとう誠(3区)両候補、長岡市で、ごいの和夫(2区)、にしざわ博(4区)、はっとり耕一(5区)各候補も訴えました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。