Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 書記局長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
書記局長の窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
書記局長の窓 談話など

2014年12月3日(水)

総選挙公示 党幹部 各地で訴え

共産党伸びれば政治変わる

滋賀・京都で市田氏


写真

(写真)声援に応える市田副委員長(右から4人目)、坪田比例候補(同5人目)ら=2日、大津市

 総選挙公示の2日、市田忠義副委員長・参院議員は大津市と京都府福知山市で演説し、「日本共産党躍進で、安倍政権に『解散に打って出たが墓穴を掘った』と後悔させる選挙に」と訴えました。

 JR大津駅前では、坪田いくお近畿ブロック比例候補と、滋賀の小選挙区4候補が訴えました。

 市田氏は、「この2年間の安倍政治の全体が問われる」とのべ、国民無視の暴走と対決して対案を示し、国民の立場で奮闘する日本共産党が伸びれば必ず政治は変わる、と力強く語りました。

 市田氏は、バターの生産量激減でクリスマスケーキもつくれないと問題になっていることを紹介。TPP(環太平洋連携協定)や日豪EPA(経済連携協定)で見通しがたたず中堅酪農家の離農が相次いでいるからです。市田氏は「TPP交渉から直ちに撤退し、緊急の米価下落対策を。安心して続けられる農業に」と訴えました。

 県庁前では、三日月大造知事が庁舎から出てきて、市田氏と佐藤こうへい1区候補を激励しました。

 訴えを聞いた女子学生(21)=大津市=は「市田さんの話は納得できて、よかった。憲法9条を生かした平和外交を進めるという共産党に伸びてほしい」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。