Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年12月10日(火)

秘密保護法 廃止めざして頑張る

NHK番組 市田書記局長が表明


 日本共産党の市田忠義書記局長は8日のNHK「日曜討論」で、6日に強行採決された秘密保護法について「これほど短期間にこれだけ多くの人々が反対の声を挙げた。法案が成立した直後の世論調査でも76%が審議が十分尽くされていないとなっている。廃止をめざして頑張りたい」と表明しました。

 市田氏は、審議をすればするほど、国民の目・耳・口をふさぐ違憲立法という危険な本質があらわになったと述べ、「それを恐れて強行採決を行ったというのが本質だ」と指摘。自民党の石破茂幹事長は、強行に次ぐ強行を重ねた国会審議について「パーフェクトではないが、充実した審議だった」と開き直りました。

 法案採決に退席した態度を司会者から「分かりにくい」と問われた維新、みんなは「もう1日、2日答弁の時間がほしかった」(松野頼久・維新国会議員団幹事長)、「土・日で審議していれば(退席せずに)態度表明できた」(浅尾慶一郎・みんなの党幹事長)と述べるだけでした。

 自民、公明、維新、みんなの4党「修正」で秘密指定のチェック機関を設けるとしたことが議論となり、市田氏は「チェック機関とか『修正』と言わざるを得ないところに、この法律のもっている本質的欠陥がある。『修正』によるチェック機関は付則に『検討』と書いてあるだけだ。実施するかどうかも分からない、中身は答弁者によってころころ変わる。こんな『修正』に賛成した諸党は、文字通り自民党、公明党の補完勢力だということのあらわれだ」と述べ、維新、みんなの対応を批判しました。

 市田氏が、国会でも秘密会以外で「特定秘密」について発言した場合は罰せられる問題を指摘すると、石破氏は「国家にとって重大な影響を与えることを外に向けて話すのは一体どういうことか」と罰則を当然視しました。

 市田氏は「核密約だって(米公開文書で)明らかになっているのに、あなた方はいまだに認めていない。そんな政府にこんな法律を実行させたら、いっそう秘密国家になることは明らかだ」と厳しく批判しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。