Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年10月12日(土)

野党7党書記局長・幹事長が会談

公約違反の追及を

市田氏 TPP特別委の設置主張


 野党7党の書記局長・幹事長は11日に都内のホテルで会談し、15日召集の臨時国会で(1)環太平洋連携協定(TPP)に関する特別委員会の設置を求めていくこと(2)福島第1原発の汚染水問題を国の責任で解決するよう迫っていくことを確認しました。

 会談で民主党の大畠章宏幹事長はこの2点に加えて、政府が狙う「解雇特区」設置にも野党が一致して反対していくことを提起しました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、TPP特別委設置については「いっさい交渉経過が公表されず、5品目は絶対に関税撤廃を認めないといっていたのに公約違反もはなはだしい。特別委員会をつくって追及すべきだ」と表明。汚染水問題では「原発の是非、将来のエネルギーのあり方の違いを超え、あらゆる英知を結集するために野党としても力をあわせて政府に解決を迫っていこうという点で賛成だ」と述べました。

 「解雇特区」に関しては全党の一致はみませんでしたが、市田氏は「解雇も自由、残業代ゼロも野放しの特区を設けるのは日本の総ブラック企業化につながる」として大畠氏の提起に賛同しました。

選挙制度・国会改革は全党で

市田氏が指摘

 日本共産党の市田忠義書記局長は11日の野党7党書記局長・幹事長会談で、自公民3党だけで議員定数や衆院選挙制度改革、「国会改革」の協議を進めていることについて「この2年間、定数・選挙制度は各会派がそろって議論してきた経過がある。民主党がその経過を無視する対応はおかしい」と述べ、「国会の土俵づくりを特定の会派だけで議論し、結論を他党に押し付けるのはよくない」と指摘しました。

 3党協議については、民主党以外のすべての党から「違和感がある」(日本維新の会)、「全党でやっていくべきだ」(みんなの党)との批判が続出しました。

 会談には日本共産党の穀田恵二国対委員長が同席しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。