Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年10月6日(日)

日本共産党常任活動家 合葬追悼式

新たに175人を合葬

市田書記局長あいさつ


写真

(写真)日本共産党合葬追悼式。あいさつするのは市田忠義書記局長=5日、東京都八王子市

 全国の日本共産党常任活動家と議員を合葬する第28回合葬追悼式が5日、東京都八王子市の上川霊園で開かれました。80遺族、139人が参列しました。今回合葬されたのは175人で、合葬者は計3286人になりました。

 静かな雨が降りしきるなか、石灰睦夫合葬委員が司会を務め、広井暢子合葬委員会責任者・党副委員長が新たな合葬者の名前を読みあげました。

 黙とうの後、党中央を代表し、市田忠義書記局長が「国政選挙としては15年ぶりに前進した喜びを報告できます。今回合葬された方をはじめ、多くの先人たちのたたかいの上につくりだされた結果です。同志としての心からの感謝と新たな前進への決意を伝えたい」とあいさつしました。

 代表し3人の遺族があいさつに立ちました。

 故辻第一(ていいち)さん(元衆院議員)の妻、辻久子さんは「愚痴一つこぼさず頑張る夫でした。やりがいのある幸せな人生だったと思います。命あるかぎり党員として夫の志を継いでいきたい」と語りました。

 神奈川県の故新倉昭二さん(元北部地区委員長)の妻、新倉弥生さんは、戦争体験やレッドパージなどを経た夫は「つらいことがあっても忍耐強く乗り越え、いつも前向きで明るかった」。

 沖縄県の故沖本八重美さん(元県常任委員)の夫、矢ケ崎克馬さんは「離島などあらゆる所に飛んでいっては話を聞く、徹底した現場主義の人でした。遺志を継ぎ、一人ひとりが大切にされる社会をつくりたい」と結びました。その後、参列者全員で献花をしました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。