Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年7月14日(日)

原発ゼロ・消費税増税反対の願いを共産党に託してほしい

静岡・愛知 市田氏


写真

(写真)声援に応える市田忠義書記局長(右)と、もとむら伸子愛知選挙区候補=13日、名古屋市中区

 日本共産党の市田忠義書記局長は13日、静岡、愛知の両県を駆け巡り、「比例代表選挙は1票を争う大激戦。原発ゼロ、消費税増税ストップの願いを日本共産党にたくしてほしい」と訴えました。

 静岡県内では井上さとし参院比例候補がともに訴え。もり大介候補(静岡選挙区)、もとむら伸子候補(愛知選挙区)が、それぞれ決意表明しました。

 静岡市・青葉公園、浜松市・浜松駅北口、愛知県・豊橋駅東口(豊橋市)には大勢の聴衆がつめかけ、通行人や買い物客も耳を傾けました。名古屋市の栄交差点には聴衆がぎっしり。突然の雨にも大勢の聴衆は離れませんでした。周辺の歩道にも人の列が伸び、拍手と「そうだ」の声が響き渡りました。

 浜岡原発を抱える静岡県。井上氏は「福島の現実を見れば、原発再稼働の条件はない。全原発を止めたままで廃炉に踏み出すことこそ現実的な道だ」と強調。「原発マネーに汚れていない日本共産党が伸びてこそ、原発なくせの国民の願いが生かせる」と訴えました。

 市田氏は、消費税増税によって「13・5兆円もの新たな庶民増税を押し付けるのは、歴史上、今度が初めてだ」と告発。自民党が公約に大企業の「法人税の大胆な引き下げ」を掲げていることにたいし、「260兆円もの内部留保がたまって、使い道に困っている大企業には大胆な減税をやり、日々の暮らしに困っている庶民には、1年間に新たに13・5兆円もの税金を押し付ける。税金を取る相手が間違っているのではないか」と批判しました。「日本共産党の躍進で、消費税増税勢力に厳しい審判を下そう」と呼びかけた市田氏に、聴衆から「がんばろう」の声があがりました。

 両親に誘われてきた男性(26)は、浜松駅の街頭演説に「すごくたくさん集まっていますね。原発、消費税増税、改憲の問題に関心があります。がんばってほしい」と話しました。

 自転車を止めて聞き入っていた男子大学生(4年生)は「就職内定が中小企業1社決まりましたが、使い捨てのブラック企業もあり、しっかり働けるか不安。共産党の訴えが当然となる政治になってほしい」と語りました。3歳の子を抱えていた女性(37)は「原発ゼロで憲法を改悪せず、子どもたちが安心して暮らせるようにしてほしい。共産党が躍進したらどんな世の中になるのか楽しみ」と話しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。