Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年7月10日(水)

国民の声で動く政治へ

長野・新潟に市田書記局長


写真

(写真)訴える市田忠義書記局長(右)と唐沢ちあき長野選挙区候補=9日、長野・上田駅前

 日本共産党の市田忠義書記局長は9日、長野県・上田駅前、新潟県・長岡駅前で、環太平洋連携協定(TPP)交渉への参加阻止、原発再稼働・輸出反対をと力を込め、「日本共産党が伸びれば国民の声で動く新しい政治が実現する。比例代表で日本共産党と書いていただく方を日本全国津々浦々に広げていただきたい」と呼びかけました。

 長岡駅前には井上さとし比例候補も駆けつけました。長野で唐沢ちあき、新潟で、にしざわ博選挙区候補がともに演説。消費税増税反対や改憲阻止、雇用のルールの確立を訴えると歓声が湧きました。演説後、聴衆の人垣に握手に飛び込むと「がんばりましょう」との声がかかりました。

 市田氏は長野県でTPPについて、「すべての関税がゼロになれば農業が壊滅的打撃を受ける。世界的な食料危機が問題となっているのに食料を外国に頼るのは亡国の農政だ」と批判。東京電力の原発再稼働が問題となっている新潟県では「原発なしでも電力は十分足りたと証明された。すべての原発を止めて、廃炉に踏み出し、再生可能エネルギーの普及に全力を挙げる、原発マネーと無縁な日本共産党に原発ゼロの願いを託してください」と訴えました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。