Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年6月13日(木)

市田氏、東大寺で懇談

新管長 筒井氏を表敬訪問


写真

(写真)懇談する東大寺の(左から)筒井寛昭大僧正、平岡昇修執事長と市田忠義書記局長(右から2人目)、谷川かずひろ参院選奈良選挙区予定候補(右端)、(奥へ)沢田博奈良県委員長、山村幸穂奈良県議=12日、奈良・東大寺

 日本共産党の市田忠義書記局長は12日、奈良市での党大演説会に先立って、世界遺産に登録されている東大寺を訪れ、第221代別当(住職)の筒井寛昭大僧正と懇談しました。筒井氏は「人とのつながりが一番大切です」と語り、市田氏も貧困と格差の広がりのもとで、「人がバラバラにされる傾向があるなかで重い意味がありますね」と応え、なごやかに懇談しました。

 日本共産党幹部の東大寺訪問は、志位和夫委員長が2007年7月に訪れ、境内を案内されてから2度目。今回、市田氏は5月に華厳宗の新管長・別当に就任した筒井氏を表敬訪問しました。

 筒井氏は、一匹の犬の死をめぐって、父と子、隣人で受け止め方がそれぞれ違う例え話から、一つにまとまるために個性を大切にすることが大切、違いを認め合うみんなが力を合わせる意味を説き、「個を大切にして、力を合わせる。これが奈良仏教の教えの根本です」とのべました。

 市田氏は「日本共産党も、党員の個性を大事にしながら、一人ひとりの力は小さくてもしっかり団結する。通じるところがあります」と語りました。

 懇談には、谷川かずひろ参院奈良選挙区予定候補や沢田博県委員長、山村幸穂県議団長らが同席。懇談後、平岡昇修執事長の案内で、大仏殿を見学しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。