Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年5月13日(月)

改憲の野望くだこう

松山 市田氏・仁比候補ら訴え

“侵略肯定勢力に負けられない”


写真

(写真)市田忠義書記局長の訴えを聞く演説会参加者=12日、松山市

 “自共対決”の様相がますます鮮明になる参院選での躍進をめざして日本共産党愛媛県委員会は12日、松山市の県民文化会館に市田忠義書記局長を迎えて演説会を開きました。市田氏は「憲法が大争点になる参院選。日本共産党の比例5候補全員当選で、改憲派の野望をうちくだこう」と呼びかけました。

 県内各地から参加者がつめかけました。青年9人が登壇し、「日本の政治をすぐ変えよう」と呼びかけ、会場全体でコールしました。

 宇和島市の石橋寛久市長と、伊方原発をとめる会・草薙順一事務局長(愛媛9条の会共同代表、弁護士)がメッセージが寄せました。草薙氏は「共産党の勝利が、日本を変え、原発なき、戦争なき平和な国づくりとなる」と期待を語りました。

 仁比そうへい参院比例候補は、「憲法96条を変え、9条を変えようとする、あの侵略戦争がただしかったという勢力に負けるわけにいかない」と力を込めました。植木正勝参院愛媛選挙区候補は、伊方原発の再稼働を許さず、即時原発ゼロを求めていこうと呼びかけました。

 市田氏は、アベノミクスやTPP(環太平洋連携協定)交渉参加、原発再稼働など、安倍政権の暴走を告発しました。改憲派の「押し付け憲法だから自らの手で作り直す」との主張に対し、「憲法制定から2年後、当時の国会や政府が、一つも修正するところはないと判断したのが、歴史の事実だ」と述べた市田氏。「一度も変える必要がなかったほど、すばらしい憲法であることの証明だ。戦後、戦争による犠牲者を一人も出さなかった光輝ある地位を守り続けることこそ、真の平和への道です」と訴えると、「そうだ」の声と拍手がわきました。

 新居浜市から参加した伊藤純子さん(68)は、「もやもやした思いを持っていたが、96条を変えることで自分たちの都合のいい憲法にしようとしていることが分かり、私たちに道理があることに確信を持つことができました」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。