Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2013年4月28日(日)

「不条理と対決 共産党」

市田氏迎え演説会 農業委会長エール

滋賀・長浜


写真

(写真)参加者の声援に応える市田(右)、坪田の両氏=27日、滋賀県長浜市

 参院選での比例5議席絶対確保をと、日本共産党滋賀県湖北地区委員会は27日、長浜市の浅井文化ホールで市田忠義書記局長を迎えた演説会を開きました。

 水を張った田んぼが広がる湖北地域。同地で初めての演説会に臨む市田氏の訴えを聞こうと、参加者は農作業の手を休め、自家用車を乗り合わせ、バスを借り切ってかけつけました。

 長浜市農業委員会の吉田一郎会長が「みなさんとともにTPP(環太平洋連携協定)反対の声を強くあげる。社会、政治の不条理に真っ向から対決しているのは共産党だけ。心からのエールを送る」とあいさつしました。藤井勇治長浜市長や中川芳蔵元長浜市議(長浜革新懇代表世話人)、レイク伊吹農業協同組合の中川清之代表理事長からメッセージが寄せられました。

 山下よしき書記局長代行・参院議員(比例候補)はビデオレターで「年金や生活保護をさらに削り、不安定雇用をさらに広げる安倍自公政権に負けるわけにはいかない」と力を込めました。坪田いくお参院滋賀選挙区候補が決意を語りました。

 市田氏は、TPPで県内農業が壊滅的打撃を受けると指摘。県の試算では「コメは半減し、牛乳乳製品は壊滅、牛肉は半減、農業生産額616億円のうち40%(249億円)が失われ、加工・流通・環境など農業が持つ多面的機能も288億円が失われる。亡国の農政だ」と告発しました。

 「年末の総選挙で自民党の県内全候補がTPP反対を主張していた」と強調した市田氏。「裏切り者は去れ、公約破りの自民党に参院選で厳しい審判を下そう」と訴えると、会場から「そうだ」の掛け声が飛びました。

 女性(64)=長浜市=は「市田さんの話を聞いて、いまの政治状況がよく分かりました。憲法を守るために参議院選挙を頑張りたい」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。