Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年11月19日(月)

躍進の流れ 近畿から

京都・兵庫・大阪で市田書記局長


写真

(写真)頭で訴える市田忠義書記局長(左)・こくた恵二候補=18日、京都駅前

 解散後、初の日曜日となった18日、日本共産党は志位和夫委員長がNHK「日曜討論」でのインタビューのあと、新潟に駆けつけて演説会にのぞんだほか、市田忠義書記局長が京都、大阪、兵庫の近畿3県で比例候補や小選挙区候補とともに街頭に立つなど、党幹部を先頭に全国各地で「提案し、行動する」日本共産党の躍進を訴えました。また、党支部、後援会もポスター張りや「赤旗」11・12月号外配布、対話などに奮闘しました。

 このうち、京都駅前では、こくた恵二近畿比例候補(京都1区重複)が「野党共闘の要となり、現実政治を動かしてきた日本共産党を躍進させてください」と訴え。市田氏は、自民党化した民主党、いっそう反動化した自民党、古い既成政治の復活そのものの石原・橋下「維新の会」などの“第三極”が反動的逆流を形成しているとして、「こうした濁流に立ち向かう一筋の清流が日本共産党です。この流れを大河にしてほしい」と訴えました。

 衆議院が解散して初の日曜日となった18日、日本共産党の市田忠義書記局長は、京都、神戸、大阪の主要3都市を駆け巡り、各衆院比例近畿ブロック候補とともに、「いよいよ審判のとき。新しい日本の政治、明るい未来を開くために、躍進の流れを近畿ブロックからつくりだそう」と聴衆に訴えました。

写真

(写真)街頭演説する市田忠義書記局長(左から2人目)と衆院候補の各氏=18日、神戸市元町

写真

(写真)街頭演説する市田忠義書記局長(左)と清水ただし候補=18日、大阪・梅田


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。