Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年8月11日(土)

消費税大増税の実施許すな

民自公が法案成立を強行

市田書記局長が反対討論


 消費税増税法案が10日、参院本会議で、民自公3党などの賛成多数で強行可決、成立しました。自公を除く日本共産党など野党7党・会派は民意と公約に背く暴挙だとして反対しました。国会では「消費税大増税許すな」と多くの人々が怒りの行動で声を上げました。増税実施は2年後の2014年4月から税率8%に、15年10月に10%の予定です。日本共産党の志位和夫委員長は「たたかいはこれから。『消費税大増税の実施を許すな』のたたかいを発展させよう」と呼びかけました。


写真

(写真)反対討論する市田忠義書記局長=10日、参院本会議

 日本共産党の市田忠義書記局長は参院本会議で、消費税増税法案の反対討論にたち、「国民の暮らしと日本経済、財政のことを真剣に考えるなら、どこからみても本法案は廃案以外に道はない」と強調しました。

 市田氏は、消費税増税に国民の大多数が反対していることをあげ、「この声を真っ向から踏みにじる行為は、議会制民主主義の根幹を揺るがす暴挙以外の何物でもない」と指摘。公約に違反して増税を進める民主党と、それを批判しながら、成立をけしかける自公両党に「民主政治を語る資格はない」と断じました。

 市田氏は消費税増税が、応能負担の原則に反する▽逆進性を拡大する▽中小企業が価格に転嫁できない▽日本経済と財政に打撃を与える▽増税分を大型公共事業に回す「打ち出の小づち」になっている―と批判。「国会の多数の力で法案を強行しても、それを国民の中に押し通すことはできない」と述べ、「消費税に頼らない別の道を示し、大増税ストップのため最後まで全力をあげて奮闘する」と強調しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。