Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年6月15日(金)

民主、定数80減を再提案

衆院選挙制度 市田書記局長反対表明


写真

(写真)与野党書記局長・幹事長会談。左は市田忠義書記局長=14日、国会内

 与野党は14日、衆院選挙制度問題を協議する書記局長・幹事長会談を開きました。民主党の輿石東幹事長は、新たな案を提示。次期総選挙では小選挙区の0増5減とともに、比例定数を40削減。次々回総選挙でさらに定数を35削減し、2段階で80削減するというものです。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、「これまでの協議では、現行の小選挙区比例代表並立制が民意をゆがめているから抜本的改革が必要だというのが民主党を除く各党のほぼ共通の意見だった」と指摘。あくまで比例定数80削減に固執する民主党の姿勢が協議の進展を妨げてきたと批判しました。

 その上で、今回の提案は次期総選挙での削減幅を若干減らしたものの、2段階で計80削減するもので、「同じ構造で何も変わっていない」と指摘。「比例80削減を全面撤回して民意が反映する選挙制度への抜本改革の立場に立つべきだ」とあらためて主張しました。

 自民党は「小選挙区300、比例200というスタート時の比率を根本から変えるもので、私としては賛成できない」としつつも、「あらたな提案なので持ち帰り検討する」と発言。公明党も持ち帰り検討するとしました。

 これに対し輿石氏は、「会期末まで意見がまとまらないので、今日にも修正法案を出す」と発言。市田氏はこれまでの議論の積み重ねを無視する「見切り発車」であり許されないと批判。各党も反発しました。

 このため、輿石氏は同日中の法案提出を取り下げ、18日に各党の回答を踏まえて再協議することになりました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。