Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2012年5月28日(月)

総選挙を、宮城の復興に道筋つけるチャンスに

仙台で 市田書記局長、高橋議員らが訴え


写真

(写真)総選挙で日本共産党の躍進を訴える市田忠義書記局長=27日、仙台市宮城野区

 被災地宮城県から希望ある日本をつくろうと、仙台市で27日、日本共産党の市田忠義書記局長を弁士に迎え演説会が開かれました。党県委員会が主催しました。

 会場いっぱいに集まった聴衆を前に、衆院東北ブロック比例候補として4期目を目指す高橋ちづ子議員、小選挙区から挑む1区の角野達也、2区の福島かずえ、3区の吉田ごう、4区の戸津川ひさしの4氏=いずれも新=が決意表明しました。

 高橋議員は、2003年の初当選以来、東北の代表として一貫して災害対策に取り組んできたと強調。その9年間のすべてが東日本大震災で問われたとのべ、地元と力を合わせて被災者支援の課題を一つ一つ前進させてきたことを紹介しました。

 「本物の復興とは、道路や建物が立派に再建することではありません。一人ひとりの暮らしが再建し生業(なりわい)が元に戻ってこそ本物の復興ではありませんか。被災者が主役の本物の復興の続きを、国会で私にやらせてください」と力を込めると、大きな拍手と歓声が上がりました。

 市田氏は、東日本大震災と大津波で大きな被害をうけた石巻市など宮城県東部地域で、被災者を中心に100人を超す人たちが新たに日本共産党に入党したことを紹介しました。「私が感動したのは、入党されたみなさんが被災地での日本共産党の活動に出合い、自分の暮らしも大変なのに今度は自分が助ける側にまわり、みなさんと一緒に生活再建へと立ち上がっている姿でした」と語りました。

 民主、自民、公明、「みんなの党」などの各党が消費税増税、財界いいなり、アメリカいいなりという同じ土俵にたち、「多くの国民が閉塞(へいそく)感にさいなまれている中で、石巻市で出会った人たちの中にこそ、明日を開く活力がある」と述べた市田氏。総選挙は「閉塞感を打ち破り、住民が主人公になった宮城の復興に道筋をつけるチャンスです」と呼びかけました。

 市田氏は「日本共産党の改革の展望を話したい」とのべ、原発と復興、税と社会保障の一体改悪、日米安保条約の問題について、縦横に語りました。

 女川町で被災した松木卓さん(73)は「女川原発は、市田さんが言ったように危機一髪の状況でした。不安で仕方がないので、共産党にがんばってもらって、女川原発は廃炉にしてほしい」と感想を語りました。

 県農協中央会の菅原章夫会長、県漁業協同組合の菊地伸悦経営管理委員会会長、県森林組合連合会の鈴木健一代表理事会長からメッセージが寄せられました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。