Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年12月9日(金)

文化芸術振興は大義

基本法10年 検証シンポ

市田氏が発言


写真

(写真)文化芸術振興基本法制定10周年記念のシンポジウムで発言する市田忠義書記局長(右から2人目)=7日、東京都千代田区

 「文化芸術振興基本法10年を検証し、これからの文化芸術政策を展望する」シンポジウムが7日、東京・ホテルオークラで開催され、国の文化・芸術予算の増額や作り手の利益を守る権利について討論しました。

 日本共産党市田忠義参院議員・音楽議員連盟副会長、宮本岳志衆院議員ほか各党国会議員、映画監督や作曲家など文化関係者が出席しました。主催は芸団協などの文化芸術関連の団体で構成される文化芸術推進フォーラムと音楽議員連盟です。

 今年は国民の文化的権利と専門家の地位向上を国の責務とした文化芸術基本法の施行から10年になります。野村萬文化芸術推進フォーラム議長はあいさつで「基本法は文化・芸術政策の背骨となる法律。政策を実現して肉をつけ、血を通わせないといけないが、10年たってもまだ骨組みしかできていない」とこれまでの文化・芸術政策について述べました。

 シンポジウムで市田氏は、芸術団体への助成金が年々減額されていることを指摘し、「みなさんが掲げている要求は、文化・芸術を享受する国民から見ても、世界の流れから見ても大義と道理を持った当然の要求です」と激励。ヨーロッパでは私的録音録画補償金を大企業が支払うのは当然のルールであり、映画監督の著作権についても改善されていることを指摘しました。



〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。