Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年11月12日(土)

TPP参加

国民・国会無視は許さない

市田氏主張 野党6党が申し入れ


 日本共産党、自民党、公明党など野党6党の国会議員有志は11日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)でTPP参加を表明することについて「断じて反対」とする緊急の申し入れを野田佳彦首相あてに文書で行いました。日本共産党から市田忠義書記局長が参加。藤村修官房長官が応対しました。

 市田氏は、「農業だけでなく、食の安全や医療など“国のかたち”をかえる大問題だ。説明が十分されていないという8割を超える国民の声や、みんなの党を除くすべての党が参加した『APECでの参加表明反対』の国会の意思を無視して表明するのは許されない」と述べました。

 申し入れ後、自民党の加藤紘一元官房長官は記者団に「急ぐ理由がわからない、メリットが見えない、答弁を聞いてもわからないというのが共通した思いだ」と語りました。

 申し入れ書は、同日行われた衆参集中審議でもTPP参加のメリット・デメリットも国内対策も全く不明確なままで、「情報収集および国民に対する説明が決定的に不足している」と指摘しています。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。