Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年9月5日(月)「しんぶん赤旗」

強く大きな党つくりご一緒に世直しを

市田書記局長 福岡2カ所で演説会


写真

(写真)会場を満席にし、市田忠義書記局長の話に聞き入る演説会参加者=4日、福岡県飯塚市

写真

(写真)市田忠義書記局長の話に聞き入る演説会参加者=4日、福岡県志免町

 日本共産党の市田忠義書記局長は4日、福岡県飯塚市と志免(しめ)町で開かれた党演説会に臨み、野田新内閣と対決し政治革新の展望を示す日本共産党の立場と値打ちを原発問題や復興財源問題などを例に縦横に語り、「日本の政治を変えたい、暮らしをよくしたいと願っておられる皆さんに日本共産党に入っていただきたい。応援はうれしいが一歩進んでこの機会にぜひ入党していただき、ご一緒に世直しを進めましょう」と呼びかけました。

 市田氏は「日本共産党がほかのどの党とも違うのは、議員だけでなく、党に籍を置く一人ひとりが『国民の苦難軽減のために献身する』との立党精神を発揮して奮闘していることです」と指摘。被災地の党員・議員が家族や仲間を失いながら、献身的に救援の先頭に立ち、被災者・住民の信頼を集めている姿や党名の由来などを詳しく紹介しました。

 福岡の日本共産党が戦後政治で果たした歴史にふれ、「福岡の伝統と底力を今こそ発揮して強く大きな党をつくり、平和で暮らしやすい福岡、日本をご一緒に」と訴えました。

 共産党への期待・激励として、飯塚では福岡医療団直方診療所の山下優毅所長があいさつ、志免町では南里辰己町長のメッセージを武藤秀輝副町長が代読しました。

 飯塚の演説会は大型バス27台を用意するなどし、初めて借りた会場はほぼ満席。志免町では座りきれない参加者であふれました。

 この日入党を決意した自営業の男性(56)=新宮町=は「国民がぎりぎりの生活の中で納めた税金を大企業のためにばかり使う政治を変えていきたい。おかしいことには、おかしいと声を上げていきたいと思う」と語りました。

 福岡市西区の80代の男性は「市田さんの話は正義感にあふれ、政治の本当のことを聞けて良かった。日本共産党が命がけで政治をやっていることに感動した」と話し、夫婦で入党を決意しました。

 福岡県党は市田氏を迎えた党演説会と結んで入党の働きかけを強め、9月に入って30人(4日午後6時現在)の入党者を迎えています。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。