Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年4月2日(土)「しんぶん赤旗」

京都、愛知5カ所で市田書記局長訴え


 日本共産党の市田忠義書記局長は1日、京都、愛知の街頭5カ所で、東日本大震災の被災者救援・復興、原発危機への対応のなかで行われる道府県議選・政令市議選の意義を示し、「日本共産党の躍進で命とくらしを何よりも大切にする災害に強い自治体をご一緒につくりあげましょう」と訴えました。

 聴衆からは何度も「そうだ!」の声と拍手が起こりました。

 市田氏は、震災救援・復興と原発の危機回避のために総力をあげること、救援・復興財源に大企業の内部留保の活用、大企業・大金持ち減税の中止、米軍「思いやり予算」の中止、政党助成金の撤廃を主張しました。

 日本共産党が原発14基の新増設の中止を申し入れ、菅直人首相が白紙・見直し含む検討を約束したことを紹介すると聴衆からひときわ大きな拍手が起こり、市田氏は「原発依存から自然エネルギーへの計画的な転換を」と呼びかけました。

 市田氏は京都市での訴えで、自民、民主、公明などは原発推進の立場をとるなか、日本共産党府議団は一貫して原発の危険性を訴えて新設に反対、重大事故が相次ぐ「もんじゅ」の運転再開を認めず、原発の安全対策を強く求めてきたことを紹介。

 愛知で市田氏は、「大震災を目の当たりにし、あらためて地方自治体の役割が問われている」と強調。公立病院閉鎖による地域医療の崩壊、市町村合併による消防力削減では「災害から住民の命は守れない」と訴えました。

 市田氏は愛知県の「地震災害対策計画」が「県民の基本的責務」として「自らの身の安全は自らが守る」と「自己責任論」を展開していることに、「県が計画を立ててやるべきことは県民への説教ではなく、県民の命を守るための病院や保健所などの整備です」と指摘。財政力は全国で2番目にもかかわらず、福祉・防災は全国最低の県政を批判しました。

 市田氏は「くらしによりそった安心で安全な政治をご一緒につくりあげましょう」と強く呼びかけました。

 大震災問題を「人ごとじゃない」と心配する女性(56)=京都市山科区=は3歳の孫を連れて演説を聞いていました。「『復興』とだけいうのではなく、財源を具体的に訴えていて分かりやすかった。政党助成金を絶対に撤廃し、大企業に買ってもらう『震災復興国債』も実現してほしい」と期待を寄せました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。