Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年3月25日(金)「しんぶん赤旗」

立党の精神で本領発揮

市田書記局長、堺で訴え


写真

(写真)訴える市田忠義書記局長=24日、堺市堺区

 大阪府議選、堺市議選(4月1日告示、同10日投票)勝利にむけた日本共産党演説会が24日、市民会館で開かれました。市田忠義書記局長が、東日本大震災と福島原発事故について、党の立場と政策を語り、「国民の苦難軽減を立党の精神にしている党の本領を発揮し、被災地の救援・復興に全力を尽くし、いっせい選挙でもこの立場を貫きます」と訴え支持をよびかけました。

 市田氏にとって大震災発生後初の演説会。震災で亡くなられた方への哀悼と懸命にがんばっている被災者へのお見舞いを述べるとともに、不眠不休で震災の救援と原発危機の対応にあたっているすべての人に敬意を表しました。

 市田氏は、日本共産党が「大震災の被害が未曽有の規模で広範囲に及んでおり、救援と復興にすべてを傾注すべき」として、いっせい地方選の全国的延期を政府と各党に提起したものの、合意を得られず実らなかった経過を報告。

 その上で、「今度の選挙を、日本国民が国民的エネルギーを発揮して被災地の救援・復興をやりぬき、戦後最大の困難を打開し、それを通じて新しい社会をつくる契機にしていく姿勢で選挙に取り組み、躍進・勝利を目指す決意です」と訴えました。

 市田氏は、(1)被災地の救済・復興(2)救済・復興ための財源(3)原発事故対策と原子力行政・エネルギー政策の抜本的転換―を柱とする政策を提示。救済・復興では、避難所での二次災害を防ぐあらゆる力をつくす、安定した避難所の確保、希望者すべてが入れる仮設住宅の建設―などを提起しました。

 最後に市田氏は、今年創立89年を迎える日本共産党は、侵略戦争と植民地支配に反対し、平和と民主主義の旗を掲げ命がけで奮闘した歴史があると強調し、「その歴史を貫くものは、日本が国難に遭遇したとき、勇敢に理性と正義の旗を掲げ不屈にたたかうところにある」と指摘。「戦後最悪の災害で多くの国民が苦しみのふちにある今こそ、日本共産党の不屈の精神を発揮すべきときということを肝に銘じて奮闘する決意です」と表明しました。

 定数2の府議選堺市堺区での再選を期す、せりう幸一府議は「被災住民への住居確保や府の防災対策見直しなどを橋下徹知事へ申し入れました。くらし・福祉最優先の府政にするため全力で頑張ります」と訴えました。堺市議選堺区(定数9)をたたかう田中ひろみ、石谷やす子両市議もそれぞれ決意表明をしました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。