Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2011年2月18日(金)「しんぶん赤旗」

東京と日本変えよう

革新都政の会総決起集会 小池氏が決意

市田書記局長激励


写真

(写真)激励を受ける小池あきら都知事予定候補=17日、東京・九段会館

 「革新都政をつくる会」は17日、“福祉都市・東京”の実現を掲げる小池あきら都知事予定候補の勝利を目指す総決起集会を千代田区の九段会館で開きました。日本共産党の市田忠義書記局長が激励に駆けつけました。

 会の中山伸事務局長が「くらし、福祉、雇用の不安を解消するのはまったなし。わくわくする選挙です」とあいさつしました。

 各界から激励や小池氏とともにたたかう決意表明が寄せられ、河添誠さん(首都圏青年ユニオン書記長)は「小池さんは困っている人のいる現場に駆けつけ励ましてくれる。ぜひ勝たせたい」、革新都政をつくる会の三上満顧問は「小池さんは東京を変え、日本を変えるとロマンを語っている。この候補にほれこみ、選挙戦をたたかおう」と話しました。

 市田氏は、都知事選の最大の焦点は石原都政を転換し福祉都市・東京をつくるのか、それとも大型開発優先、福祉・くらし切り捨て都政の継続を許すのかだと指摘。この仕事は「医療と福祉と雇用が背広を着ているような人」の小池氏にこそできると語り、「東京のたたかいが都民だけでなく全国の心ある人の励ましになる。東京の党はもちろん、党中央として文字通り全力を出して奮闘する」と表明しました。

 小池氏が決意表明で「政治に失望し怒りを持っているみなさんに政権交代とはこういうものだと示す選挙にしたい」と意気込みを語ると、満員になった会場は大きな拍手に包まれました。

 小池氏は都の財政規模は12兆円と韓国の国家予算に匹敵すると紹介。2500億円あれば75歳以上の医療費無料化、1万人分の特養ホームや2万人分の認可保育所、年間1千戸の都営住宅建設などができるとし「新しい福祉都市東京に、まったく別の東京をつくろう」と呼びかけました。

 花束や寄せ書きが小池氏に手渡され、大きな拍手が響きました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。