Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年12月3日(金)「しんぶん赤旗」

文化予算増を 58万署名

芸団協 国会・文科省に請願


写真

(写真)高木義明文科相(右)に要請する芸団協の野村萬会長(同2人目)、(左へ)中村紘子さん、崔洋一さん=2日、文科省

 芸能・文化の実演者の団体などで構成される芸団協(日本芸能実演家団体協議会)は2日、150人の芸能・文化関係者が参加し、58万の署名を持って、各党の国会議員と文部科学省に文化関連予算の大幅増額等を求める請願活動を行いました。

 音楽議員連盟(音議連)の議員とともに文科省に請願に訪れた野村萬(能楽師)芸団協会長は、高木義明文科相に対して「58万の署名を大事な背骨として、これに肉をつけ、血を通わせ、文化立国へと進めていくことが必要」と強調。ピアニストの中村紘子さんは、文化・芸能の重要性と国の支援を訴えました。日本映画監督協会理事長の崔洋一さんは国が多様な文化を育てる方針を持つべきだと述べました。

 同席した日本共産党の市田忠義参院議員・音議連副会長は、「文化予算の増額を求める署名が、58万も集まったのは画期的。文化は効率で計れない。『文化力』をつけてこそまともな国の発展もある」と訴えました。高木文科相は「これだけの署名は重く受け止める」と述べました。

 これに先立ち、芸団協の野村会長と崔監督らが、国会内で日本共産党国会議員団に請願を行いました。

 宮本岳志衆院議員は「58万の署名に敬意を表するとともに、(国の予算にしめる文化予算の割合)0・1%を0・5%に増額するため、議員団として全力を尽くしたい」と述べました。

 宮本衆院議員のほか、穀田恵二、笠井亮、吉井英勝の各衆院議員と井上哲士参院議員が参加しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。