Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年6月9日(水)「しんぶん赤旗」

「普天間」解決 道示す党

岐阜・美濃加茂 市田氏、躍進訴え

党演説会

かわえ・鈴木氏決意を表明


写真

(写真)市田忠義書記局長を迎えて開かれた演説会=8日、岐阜県美濃加茂市

 市田忠義書記局長を迎え8日、岐阜県美濃加茂市で日本共産党演説会が開かれました。会場いっぱいに大勢の市民・県民がつめかけました。市田、かわえ明美両参院選比例候補と鈴木まさのり岐阜選挙区候補が、来月に迫った参院選挙での党の躍進を力強く訴えると、「そうだ」との声と合いの手が随所で飛び交う熱気のこもった演説会となりました。

 演説会には、地元の渡辺直由・美濃加茂市長が、「実りある演説会になるよう祈念します」とのメッセージを寄せました。

 侵略戦争に唯一反対した日本共産党の存在を知り、党に入った自身の経験を話したかわえ候補は、沖縄県名護市辺野古での新基地建設や、鹿児島県徳之島や全国の自衛隊基地に訓練を分散・拡大させる日米合意を、「沖縄県民の思いを踏みにじった裏切り」と批判。「戦争につながるものを許さないという強い思いです。参院選でなんとしても勝利する」決意を表明しました。

 鈴木候補は、沖縄・米軍基地機能の全国への分散で、「岐阜県各務原の自衛隊基地にも米軍が再び来るかもしれない」と警鐘を鳴らし、「断じて許すわけにはいかない」と述べ、普天間基地の無条件撤去を唯一掲げる日本共産党の躍進を訴えました。

 大きな声援と割れんばかりの拍手で迎えられた市田氏は、鳩山政権の退陣と菅直人新内閣発足という今回の首相交代は、米軍普天間基地、「政治とカネ」、後期高齢者医療制度の即時撤廃、労働者派遣法での公約破り―など、「あらゆる問題で国民の期待を裏切ったからだ」と強調しました。

 市田氏はその上で、「鳩山氏は『国民が聞く耳をもたなくなった』と言ったが、普天間基地問題で、沖縄県民の総意を聞かずアメリカの言い分の聞く耳を持ったのが鳩山首相だ。県民の怒りを呼び起こし団結をいっそう強め、日米合意は結局破たんせざるをえない」と述べ、日米合意を引き継ぐ菅政権にもその責任は免れないと指摘しました。

 八百津町の佐藤満さん(71)は、「印象に残ったのは沖縄のこと。基地問題は沖縄だけではなく、日本全体で背負わないと。『日本に米軍基地はいらない、引き揚げよ』と訴えないと解決できない。岐阜でも、私自身が訴えないとだめだ。この意識を持って、選挙をたたかいます」と話していました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。