Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年5月31日(月)「しんぶん赤旗」

基地撤去へ動く党を

党躍進へ市田・仁比氏力説

山口

木佐木候補訴え


写真

(写真)市田忠義書記局長の訴えを聞く演説会参加者たち=30日、山口市

 参院選勝利にむけ、市田忠義書記局長を迎えた日本共産党演説会が30日、山口市で開かれました。会場の市民会館には大勢の市民・県民がつめかけ、市田氏とともに、仁比そうへい比例候補、木佐木大助山口選挙区候補が、支持・支援を訴えました。

 演説会には、各界の代表が登壇。元日本弁護士連合会副会長の田川章次氏が、志位和夫委員長が訪米し、沖縄・米軍普天間基地の無条件撤去を米政府に申し入れたことを「他党にはできない真の値打ちがある」と評価し、「侵略戦争反対など歴史によってためされた真価が発揮されることを願います」と激励しました。

 地元NPO法人「きょう・生」の野村和志代表理事が、「障害者が住みやすい、バリアフリー化への応援を共産党にお願いします」と期待を込めてあいさつしました。

 山口県は、米軍再編の一環で、空母艦載機部隊の移駐が計画されている米軍岩国基地をかかえます。仁比候補は、日米合意を結び、沖縄・米軍普天間基地の県内・国内「移設」「移転」を強引に進める鳩山政権を厳しく批判するとともに、沖縄でも岩国でも「基地の建設、拡大は絶対に許されない。基地のない平和な沖縄、日本にしよう」と述べ、本土・沖縄の共同のたたかいをよびかけました。

 木佐木候補は、「普天間の問題は、米軍岩国基地のあるこの山口の私たちに突きつけられている自らの問題です」とのべ、普天間基地の無条件撤去を唯一掲げる政党=日本共産党の躍進を訴えました。

 NHKの日曜討論を終えてかけつけた市田氏は、同討論の模様についてふれ、普天間問題の解決策を提示し、実際に行動しているのは「日本共産党しかない」と指摘。

 「いまの日本の政治に求められているのは、アメリカに対し、基地反対という国民、沖縄県民の意思をはっきりと伝えることです」「普天間基地の無条件撤去を主張し、実現にむけ仕事するのは日本共産党だけです」と述べ、参院選挙での躍進を訴えました。

 参加者の一人、山口市に住む田之上悟さん(65)は、「アメリカにものが言える党しかない。参院選がんばってほしい」と話しました。

 演説会後、市田氏は青年との懇談会に出席し、意見を交換しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。