/
Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2010年4月5日(月)「しんぶん赤旗」

国民の思い、願い共産党が受けとめます

和歌山市で演説会 市田氏訴え


写真

(写真)市田忠義書記局長の訴えを聞く人たち=4日、和歌山市

 日本共産党の市田忠義書記局長を迎えた演説会が4日、和歌山市で開かれ、大勢の県民が参加しました。市田氏は、「政治を前に変えたい」との国民の願いを受けとめて全力をあげる決意を表明。「和歌山県から日本共産党支持への大波を起こし、比例5議席を確保し『国民が主人公』の新しい日本をつくり出そう」と参加者によびかけました。吉田まさや参院和歌山選挙区予定候補も訴えました。

 同日午前に出席したNHK番組「日曜討論」を終え和歌山入りし、大きな拍手を受け登壇した市田氏は、報道各社の世論調査で、鳩山政権に対して不支持率が支持率を上回るようになったのは、後期高齢者医療制度廃止や米軍普天間基地問題などで「選挙での約束を次々破ってきたからだ」と指摘しました。

 また、政権退場となった自民、公明両党も「自らの過去の悪政に対する反省はひとかけらもない」と強調。与謝野馨元財務相、鳩山邦夫元総務相らの離党・新党づくりについて、与謝野、鳩山両氏が政権交代直前まで自民党の閣僚だったと述べ、「結局、表紙だけ替えて中身を替えないもの。顔ぶれを見たら新党ではなく旧党」「国民の立場に立って、まじめに今の政治をよくしようというものではない。自分の議席をどう守るかという徹頭徹尾の党利党略だ」と批判しました。

 「民主党に裏切られても自民党政治に戻るのは嫌だ」という国民の思い、「政治を変えたい。暮らしの苦難と平和の危機を取り除きたい」との国民の願いを実現するため、「日本共産党は全力を尽くす」と述べた市田氏。米軍普天間基地での迷走、抜け穴だらけの労働者派遣法改定、後期高齢者医療制度廃止先送りなど鳩山政権の問題点を真正面からただし、「大企業中心でない、人間らしい働き方、中小企業支援に軸足を置いた経済改革、医療・介護・子育てなど暮らしを守る要求実現のために頑張る」と力を込めて訴え、大きな拍手を受けました。

 最後に市田氏は、戦前、侵略戦争に反対し警察の拷問を受け亡くなった「蟹工船」の作者である小林多喜二がNHK番組で取り上げられ、ひどい働かせ方の告発を文学だけでなく実際になくすため、彼は日本共産党に入党したことが伝えられていたことを紹介。

 その上で「党名を変えたらこんな誇らしい歴史は語れなくなる」「戦後、他の党は侵略戦争に賛成したことから名前を変え出発し、その後も批判を受けるたびに党名変更や新党などをつくったが、結党以来、同じ名前で堂々と活動してきたのは日本共産党だけ」と主張し、「これからも同じ名前で頑張る」と述べました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。