Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2009年3月29日(日)「しんぶん赤旗」

政治とカネ・雇用・暮らし 各地で共産党演説会

西松疑惑 全容解明こそ

岐阜・恵那 市田書記局長が強調


写真

(写真)市田忠義書記局長の訴えを聞く演説会参加者たち=28日、岐阜県恵那市

 日本共産党の市田忠義書記局長は二十八日、岐阜県恵那市で開かれた党演説会で、来るべき総選挙での党の躍進を訴えました。会場のまきがね公園体育館には開演三十分前からバスが続々と集まり、床に座布団を敷き演説を待つ参加者でいっぱい。財界中心、アメリカいいなりの異常な自民党政治の根本にメスを入れ、「国民が主人公」の日本に転換する方策を縦横に説明する市田氏の話にじっと耳を傾けました。

 特に政治の重大焦点となっている西松建設の違法献金疑惑について、市田氏が「単なる記載ミスという『形式犯』ではない」と、問題の本質に鋭く切り込むと、身を乗り出して聞く参加者の熱い視線が注がれました。

 市田氏は、民主党の小沢一郎代表が公開した収支報告は、西松建設からの献金を覆い隠そうとしたもので、政治活動を誰の目にも明らかにする政治資金規正法の「目的の根本に反する」と厳しく批判しました。

 さらに、「ことは小沢氏だけの問題ではない」と述べ、民主党が、かつて公共事業受注企業からの献金禁止法案を提出し、一時はマニフェストにも掲げながら、党首自らその公約を踏みにじった重大性を力説。「疑惑の全容を解明し、国民に説明するのが本来の政党のあり方だ」と強調しました。

 また、西松建設の献金を受けていた議員が自民党にも多数おり、企業献金禁止を理由に導入した政党助成金も日本共産党以外の政党が分け取りしていると指摘。企業献金も政党助成金も受け取らず、大企業にキッパリとモノをいえる日本共産党を伸ばしてこそ、国民本位の政治をつくる力になると訴えました。

 せこゆき子、鈴木まさのり両衆院東海比例候補が決意を表明。せこ氏は、政府の介護認定や高学費の押し付けで苦しむお年寄りや青年たちの実態を告発。「政治の春は自然にはやってこない。日本共産党の躍進で政治の春を呼び込もう」と力強く訴えました。

 政党の演説会に初めて参加したという会社員の男性(30)は「共産党が以前から企業献金をもらわず、一貫して禁止を訴え続けていたことを知り、感動しました。民主も自民も金のために政治をやっているようにしか見えない。共産党に伸びてほしい」と話しました。

 恵那市在住の女性(47)は「娘が昨年末、派遣切りにあい家に戻ってきました。再就職もなかなか決まらず本当に苦しそうです。すべての人が安心して働ける社会に変えるため、大企業にはっきりとモノが言える共産党に頑張ってほしい」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。