Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年10月7日(火)「しんぶん赤旗」

年金改ざん

根本に徴収至上主義

市田氏、行政の問題点指摘


 日本共産党の市田忠義書記局長は六日、国会内で記者会見し、大問題になっている「消えた年金」や社会保険庁の年金記録改ざん問題について、「問題の根本には、国民の老後の生活保障である年金受給者の権利を守ることには無関心で、保険料の収納率さえ上げればいいという行政の基本姿勢がある」と強調しました。

 市田氏は、被害件数に関する政府の情報が錯綜(さくそう)したことにもふれながら、「情報の小出しはやめるべきだ」と指摘。「私は、いま明らかになっているのも一部だと思う。これだけ大がかりのことが個々の職員だけの判断でやれるのかということも含め、全容解明と責任の所在を明らかにし、一人の犠牲者も出さないように力を注ぐ必要がある」と強調しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。