Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年10月7日(火)「しんぶん赤旗」

解散・総選挙

引き延ばし許さず 緊張感もって頑張る

市田書記局長の記者会見


写真

(写真)記者会見する市田忠義書記局長=6日、国会内

 日本共産党の市田忠義書記局長は六日の記者会見で、政府・与党側から、第二次補正予算案の提出や新テロ特措法の延長問題を持ち出し、解散・総選挙を先延ばしする動きが出ていることについて問われ、これを許さず、党の選挙態勢をさらに強める立場を強調しました。

 市田氏は、「国民の信を得ずに三人の首相が政権の座についている。代表質問に続き、国政の大問題を予算委員会で議論し争点を鮮明にした上で、解散・総選挙に踏み切るべきだ」と強調。「日本経済が大変」というのなら、その土台に横たわっている雇用や社会保障の問題についてきちんと議論し、予算委員会で争点を鮮明にした上で解散すべきだと述べました。

 また、「新テロ特措法(延長法案の審議)ということになれば年末まで議論がかかる。ずるずると引き延ばすことは許されない」「そもそもわが党は、インド洋への自衛隊派兵に反対であり、きっぱり中止すればいいだけだ」と述べました。

 その上で、党の取り組みについて、「どういう時期の解散にも備えて、いっそう緊張感を高めて頑張りたい」と表明しました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。