Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年10月6日(月)「しんぶん赤旗」

国会議員団の大黒柱 こくたさん

京都1区勝利 市田書記局長訴え


写真

(写真)こくた恵二比例・京都1区候補(右)とともに訴える市田忠義書記局長=5日、京都市

 日本共産党の市田忠義書記局長は五日、こくた恵二衆院近畿比例・京都1区候補(衆院議員)とともに京都市内で、日本共産党の躍進を訴えました。京都1区は、日本共産党が総選挙で必勝区に位置づける重要選挙区。中京区朱雀第八小学校で開かれた演説会では、体育館を埋める聴衆。京都駅前での大街頭宣伝では、雨の中、歩道から身を乗り出して聞き入る人など温かい声援に包まれました。

 市田氏は、京都市南区の市議補選で日本共産党と自民党が一騎打ちで定数一を争い、大差をつけて勝利したことを紹介。「今度は京都1区で、こくたさんの議席をなんとしても勝ち取らせてください」と力を込めると、聴衆からは大きな拍手がわき起こりました。

 市田氏は、日本共産党の国会対策委員長として奮闘する、こくた氏の議席の重みを「国会議員団の大黒柱。国会内での一致点にもとづく共同のまとめ役」と力説。「日本の夜明けは京都から」「日本共産党と書いていただく方を近畿中にうんと広げていただいて、現有三議席を絶対確保し、四人以上を国会へ」と呼びかけました。

 こくた氏は「お金がなければ公園で寝る」と語る“ネットカフェ難民”の声を取り上げ、労働者を使い捨てにする雇用のルールを破壊した自民党政治を厳しく告発しました。

 また、後期高齢者医療制度をめぐり老人会で「天引き何とかしてくれ」との怒りの声や、汚染米が使われていた京都市北区の保育園長の話を取り上げ、財界とアメリカにゆがめられた自民党政治を批判し、「京都1区で勝利し、比例三十万票実現すれば必ず政治は変わる」と強調しました。

 熱心に聞いていた八幡朋子さん(61)は「市田さんが訴えていたようにアメリカべったりと大企業優遇をただす共産党の財源論がいちばん説得力があります。ぜひ総選挙で躍進して、こくたさんも勝利してほしい」と語りました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。