Home Back
ご意見ご要望をお寄せ下さい 日本共産党 副委員長・参議院議員 市田忠義
プロフィール
人・であい
「しんぶん赤旗」を ぜひご購読ください
日本共産党に入党しませんか
定例記者会見
窓
談話など 調査・懇談など 国会質問
映像コーナー
窓 談話など

2008年6月12日(木)「しんぶん赤旗」

民主党の論戦放棄

誰も納得できない

4野党会談で市田書記局長


 野党四党の書記局長・幹事長は十一日、民主党などの首相問責決議案参院提出に先立ち会談しました。民主党の鳩山由紀夫幹事長が冒頭、野党共同での問責決議案提出を提案しました。

 日本共産党の市田忠義書記局長は、「福田内閣は内政・外政全般のどの角度からみても問責に値する」とのべたうえで、「今日の時点で提出することは適切でない」と反対を表明しました。

 理由として市田氏は、「問責は、衆院での不信任決議に相当する大変重いものだ。政府が内閣総辞職か解散・総選挙を避けることができない状況に追い込んだときに出すべきだ」と指摘。「客観的にみて、いま、政府が問責に応えて内閣総辞職、解散をやる状況にはない」とのべ、解散に追い込むためには、世論と国会論戦で追い詰めるのが基本であり、同日予定されていた党首討論も放棄するのは理解できないと述べました。

 鳩山氏は、「党首討論をやれば、福田首相は『大いに審議をやろうじゃないか』と抱きつき作戦に出てくる。それを拒否するため、早く(問責決議を)出したほうがよく、(討論の後では)映りが悪い」などと説明しました。

 市田氏は鳩山氏の党首討論回避の理由について、「国民はだれも納得できない」「堂々と論戦して相手を追い詰めるために全力をつくすべきだ」と批判しました。

 また、民主党の山岡賢次国対委員長は問責決議案提出の理由について、問責もやらずに国会が閉じれば、話題がサミットとオリンピックに集中し、マスメディアも国民も与党ペースになって、こちらに注目が集まらない、などとのべました。


〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館513号室 電話03-6550-0513 Fax03-6551-0513
〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10 ホクシンピース102号 電話06-6975-9111 Fax06-6975-9116
2001年12月1日開設  Copyright(c)2001-, 市田忠義
Welcome to Ichida Tadayoshi Home Page. Sorry! Japanese only. Since 2001.12.1
本サイト掲載の記事、写真等の無断転載を禁じます。
本サイトはInternet Explorer6、Netscape Navigator6.2で動作確認しています。